可持续发展研究所 / Sustainable Lab
我在学汉语。请给我教汉语!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
比亚迪公司和戴姆勒股份公司,合资公司在中国发展电动汽车。
●比亚迪公司和戴姆勒股份公司,合资公司在中国发展电动汽车。
比亚迪公司与戴姆勒股份公司,该公司在中国发展电动汽车“深圳比亚迪戴姆勒新技术公司”(比亚迪戴姆勒)宣布成立合资公司。
每一个新的公司将达到6.0亿元(约8790000000美元)投资。
http://www.eetimes.jp/news/3977
(20100608)


●BYD社とダイムラー社、中国で電気自動車を開発する合弁会社を設立した。
BYD社は、ダイムラー社と合弁で、中国で電気自動車を開発する会社「Shenzhen BYD Daimler New Technology社」(BYD Daimler)を設立すると発表した。
それぞれ、新会社に合計6億人民元(約8790万米ドル)を投資する。
http://www.eetimes.jp/news/3977


●BYD Co. and Daimler AG, the joint venture to develop electric vehicles in China.
BYD Company, a joint venture with Daimler AG, a company developing electric vehicles in China "Shenzhen BYD Daimler New Technology Company" (BYD Daimler) announced the establishment.
Each new company will total 600 million yuan (about 8790 million U.S. dollars) to invest.


スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

処ォ田公司的真?意?:??汽?制造者“tesra”合作処レ伴
丰田公司的真实意图:电动汽车制造者“tesra”合作伙伴
・丰田希望能进入美国市场的电动汽车。
・丰田,美国和中国,相信电动汽车的核心市场
http://bit.ly/c8AXLu


●トヨタ自動車の真意:電気自動車メーカー「テスラ」との提携
・トヨタ自動車は、米国の電気自動車の市場への進出を希望している。
・トヨタ自動車は、米国と中国が、電気自動車の中心的な市場と考えている。
http://bit.ly/c8AXLu




テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

日本石油公司已经开始生产喷气燃料从眼虫的。
●日本石油公司已经开始生产喷气燃料从眼虫的。
新日本石油
日立工业设备技术
眼虫(风险投资研究眼虫)
开展联合研究,开发生物燃料飞机制造技术从眼虫的。
其目的是实现2018年。
http://bit.ly/9ig3wV


●ミドリムシ原料のジェット燃料製造へ:新日本石油
新日本石油、日立プラントテクノロジー、ミドリムシ研究開発ベンチャーのユーグレナ。
ミドリムシを原料にしたバイオジェット燃料の製造技術を開発する共同研究を始める。
2018年度を目標にした事業化の実現可能性について検討する段階に進んだ。
http://bit.ly/9ig3wV

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

眼虫原料生产喷气燃料:新日本石油
眼虫原料生产喷气燃料:新日本石油
新日本石油,日立工业设备技术,眼虫眼虫研究和开发的企业
开展联合研究,以发展为从生物眼虫了喷气燃料的制造技术。
进展到项目可行性研究阶段,在2018年财政年度的目的。
http://bit.ly/9ig3wV


●ミドリムシ原料のジェット燃料製造へ:新日本石油
新日本石油、日立プラントテクノロジー、ミドリムシ研究開発ベンチャーのユーグレナ。
ミドリムシを原料にしたバイオジェット燃料の製造技術を開発する共同研究を始める。
2018年度を目標にした事業化の実現可能性について検討する段階に進んだ。
http://bit.ly/9ig3wV

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

●燃料电池,二氧化碳捕捉新材料技术的发展
●燃料电池,二氧化碳捕捉新材料技术的发展
成功的分析和纳米结构薄膜的表面纳米多孔
这种材料发光装置,Energy nano device,预计将应用于电容器。
此外,纳米薄膜可以做图案喷墨方式的未来。
・北川宏教授(京都大学教授、平成22年3月まで九州大学 招聘教授)
・坂田修身主幹研究員(JSRI)
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20100531/


●燃料電池、CO2回収技術の新材料開発。
多孔性ナノ薄膜の作製と界面ナノ構造解析に成功
―多孔性材料が結晶性の配向ナノ薄膜であることが明らかに。
発光デバイス、エネルギーナノデバイス、キャパシタなどの応用が期待されます。
さらに、このナノ薄膜は、将来的にはインクジェット法によりパターニングを行うことも可能です。
・北川宏教授(京都大学教授、平成22年3月まで九州大学 招聘教授)
・坂田修身主幹研究員(JSRI)
CO2の高効率回収技術の確立と回収したCO2ガスの化学品への転換に取り組んでいる。ナノテクノロジーの活用により、環境・エネルギー問題の解決を目指しています。
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20100531/

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

copyright © 2005 可持续发展研究所 / Sustainable Lab all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。